黒歴史ブログ。戒めとして残しています

ジャパンカップ2015の対戦数の限界は49戦だった?

 


 以前記事で触れた検証

ポケモンネット大会で使える裏ワザ・豆知識 - 雨キノコならパラセクトで決まり!

について、検証不足ですがオルタネーションバトルで結果が出ました

 


簡単に言うと、最終日以外で、その日の上限の最終戦で切断し、レートが反映される前に潜り直すともう一戦できるか否か(検証1)という内容

 

 

 

 

 

 できました

 

 

 そして検証2「その場合、次の日は何戦潜れるのか」

 

 

→9戦でした(1日目11戦、2日目9戦)

 

 

~~~~ここからは私の推測が入ります~~~~ 

 

 毎日上限オーバーすることは不可能ということが分かりましたが、最終日の最終戦にやれば上限オーバーできます

「切断したらレート下がるしそんなに影響無くね?」という方、被切断も反映が遅くなるという点が今回のミソです。

 

今年のジャパンカップなら、40戦目で1770くらいのプレイヤーが身内とマッチングし、切断してもらって41戦目も潜り、そこで勝った場合ボーダーに届きます



 

・タイトルの49戦について説明すると

 
レーティングバトルにて、切断→反映までの時間が、3分~3分半

一方、被切断の場合はこちらの回線は切れない為にすぐ潜り直せる事が祟って、「潜る→マッチング→被切断→潜り直す」という動作は最速で約20秒大会だと「対戦を続けますか?」だけ押せばいいので更に復帰が早い)
9連で身内と当たるミラクルを起こし、且つ完璧な連携をこなせばイケます。理論上は


朝4時辺りにスカイプで複数繋げれば確率上がりそうですね

 

ただ、「切断が多いプレーヤーはランキング除外という仕様、これは被切断が多い場合も同じのようで9回切断となれば除外されそうではあります

まあ9戦は現実的ではありませんが、過疎時間に自演マッチングは難しくないようなので、プラス1戦は誰でも結構簡単にできます


 問題が起きそうな順位に入ってなかっただけかもしれませんが、少なくとも上限オーバーしたジャパンカップ2015(96位)ではランキング除外という処分は受けていません

もしかしたら今年も不正者がいて、本当は33位辺りまで通過だったかもしれない

実際私もこれを使って抜けようとしました。41戦目もし勝っていてもボーダーに届いてませんでしたが、来年同じ状況になっても自制できると思いません
対戦上限超えたプレーヤーは弾くといった措置を……と言いたいところですが、「意図せず40戦目で切断され、潜ってみた結果対戦が始まってしまい、1800なのに除外」というケースも考えると、うーん…

 


 よく、友達のように増田さんにリプライ送ってる方々の中で、どなたかこの件について聞いておいて下さい
いなければ私がやるかもしれませんが…

 

 


・捕捉
ジャパンカップで、「切断されたのにレートに反映されず、対戦数も上限マイナス1(39戦)しかできなかった」という報告をいくつか見かけました。他のネット大会でもチラホラ
これは今回の問題を阻止するための仕様なのでしょうか

ただ、私の場合は普通にレートは入っていました(最終戦ではありませんでしたが)
そういう仕様があるならあるで説明して頂きたいですね

上限を超えて対戦できてしまうことを公式の方が知っていて、「最終戦で被切断されたプレーヤーは、その対戦の結果を反映しない」という仕様にしているのかもしれませんね

 

 

最後にもう一度言いますが検証不足です

肝心な「大会で最終戦に被切断→反映される前に対戦し、その後の対戦も全て反映された」というケースについては実証できず、そういった人も見つけられませんでした

・レートにて、最初の切断が反映される間に4試合潜れたこと(こちらの切断)

・こちらの最終戦切断を使うと対戦数上限をオーバーできたこと

・被切断も反映が遅いこと

などから推測で書いています